看護師の転職

看護師がクリニックへ転職する際のポイント

更新日:

転職を考える看護師のあいだで人気なのが、クリニックです。

でも

・病院とどう違うのか

・年収はどの程度か

・クリニックならではのメリット/デメリット

・転職する際に確認すべきポイント

など、あまり詳しく知らない人も多いのではないかと思います。

そこで今回は、クリニックについての基本情報や、転職活動の際のポイントをまとめてみました。

ぜひ、転職活動の際の参考にしてみてください。

【①クリニックで働くメリット/デメリット】

クリニックへの転職を考えているなら、まずはその実態を把握すべき。

そこで、クリニックでの勤務には、どんなメリット/デメリットがあるのか、ご紹介します。

◆1.クリニックで働くメリット

(1)仕事とプライベートを両立できる

そもそもクリニックと病院は、何が違うか知っていますか?

「病院」とは、病床が20床以上ある施設を指します。

一方「クリニック」は、病床が19床以下か、まったく無い、小規模な施設を指しています。

ほとんどのクリニックの場合、入院施設がありません。

よって、夜勤がなく、日勤中心になります。

休診日も仕事が休みになりますし、定時で帰れることも多いです。

だから、

・仕事だけじゃなくプライベートも大切にしたい

・子供との時間を大切にしたい

・しっかり休める、体力的にラクな職場がいい

と考える看護師から、人気を集めているのです。

(2)ブランクがあっても働きやすい

多くのクリニックでは入院設備がなく、重篤な患者さんもあまり居ません。

そのため、求められるスキルも、病院看護師と比べると、それほど厳しくないのです。

出産・育児などさまざまな原因で看護師の仕事をしばらく離れた人でも、働きやすいのが特徴です。

(3)通勤時間が短くなることも!

クリニックは、駅のそばにあることが多いです。

また、自宅近くのクリニックを選ぶ、ということも可能です。

結果として通勤時間が短くなり、その分プライベートに使える時間が多くなる、というメリットがあります。

(4)患者さんとの活発なコミュニケーション

患者さんとのコミュニケーションを取るのが好きな人にも、クリニックはおすすめです。

多くの患者さんは近隣に住んでいて、定期的にクリニックを訪れます。

そのため、患者さんと看護師が顔なじみになりやすいという特徴があるのです。

ときには、待合時間の話し相手になることも。

アットホームな雰囲気が好きな方、患者さんとのかかわりが好きな方には良い職場です。

(5)プライマリーケアに興味がある人に向いている

上にも書いた通り、重篤な疾患を持つ患者さんがクリニックに来ることは、ほぼありません。

しかし、逆に言えば、

クリニックには「重篤な症状になる前段階で病気を見つける」という役割がある、ということです。

さまざまな症状や病気に対する初期治療である「プライマリーケア」に興味がある方は、

やりがいをもって取り組める仕事だと言えるでしょう。

◆2.クリニックで働くデメリット

(1) 病院と比べて、低収入のケースが多い

病院看護師の平均年収は約418万円。

対して、クリニックの看護師の年収は、約380万円です(求人サイトのアンケート調べ)。

なんと、38万円もの差があるのです。

・夜勤がなく、諸手当が支給されない

・非常勤で、勤務時間が短い人も含まれる

などの理由から、病院と比べ、クリニックだと収入が低いケースが多いのです。

さらに、クリニックによっては給与体系がきちんと定まっていなかったり、昇給がなかったりすることもあります。

クリニックへの転職を考えている場合は、

・昇給はあるのか

・残業代などの手当ては支給されるのか

などは、あらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。

(2)スタッフが少人数なので、人間関係に大きく左右される

クリニックでは、働いている医師・看護師が少人数です。

良く言えば「アットホーム」ですが、自分と合わない雰囲気の職場の場合、とても働きにくくなります。

狭いコミュニティの中での人間関係が苦手な方には、クリニックは向いていないかもしれません。

特に、トップである院長との相性は大きいです。

上司でもあり、雇用主でもある院長と、性格や考え方が合わないと、かなり働きづらくなります。

さらに、クリニックによっては院長の妻や家族も運営に参加していることがあります。

職場によって差はあるものの、いろいろ気を遣わなければならない場合もあるのが、デメリットだと言えるでしょう。

(3)長期休暇や急な休みが取りにくい

少人数で運営しているクリニックでは、一人抜けてしまうだけでも仕事がまわらなくなってしまいます。

そのため、急な休みだとか、長期休暇がなかなか取りにくいというデメリットがあります。

・子どもが体調不良になったら、急に休むかもしれない

・子どもの夏休みに合わせて、長期休暇をもらうかもしれない

などの可能性が考えられる場合は、転職時にあらかじめ相談しておいたほうがいいでしょう。

(4)看護スキルが低下する恐れがある

先述のとおり、クリニックを訪れる患者さんの中には、重篤な疾患を持つ方はほとんどいません。

クリニック看護師の仕事と言えば、血圧測定や採血など、基本的な処置が中心です。

そのため、高度な看護スキルが必要とされる場面はあまりなく、看護スキルが低下する恐れがあります。

・最先端医療に触れたい

・看護スキルをアップさせたい

という人には、あまり向いていないかもしれません。

【②クリニックへの転職を成功させる5つのポイント】

求人探しをするときは、必要な情報をしっかり確認して、転職後のギャップが無いようにしておくのが重要です。

では、クリニックの看護師求人を探すときには、どんなポイントを押さえておけばいいのでしょうか?

5つご紹介します。

(1)口コミを調べる

WEBに載っている口コミや、実際に病院に通っている友人・知人に聞くなどして、口コミを調べておきましょう。

患者さんから見たクリニックの評判を知ることで、どんな雰囲気のクリニックなのかをイメージすることができます。

(2)診療方針や院長の考えを調べておく

少人数で運営しているクリニックは、院長の考え方や診療方針が色濃く反映される職場だと考えられます。

また、考え方や方針が、自分に合うかどうかが、働きやすさを左右します。

クリニックが公式ホームページを持っている場合は、ぜひチェックしてみましょう。

(3)勤務条件をしっかり確認

とくにチェックすべき点は、以下の5つです。

1.実際の勤務時間の確認診察時間=勤務時間ではありません。

診療開始前にも準備がありますし、診療後にも、片付けや掃除などがあるからです。

実際勤務するのは何時から何時までなのか、確認しておきましょう。

関連記事:シフト勤務の場合は「申し送り時間」の設定に注目

2.残業や、残業手当の有無

クリニックだからといって、残業が全くないわけではありません。

残業は平均してどれくらいあるのか、確認しておきましょう。

また、その際は手当が出るのかどうか、というのも重要です。

3.福利厚生

従業員が5人未満の事業所は、健康保険や厚生年金への加入義務がありません。

そのため、クリニックによっては、保険や年金などが別途自費負担になる場合もあるのです。

福利厚生面についても、あらかじめチェックしておきましょう。

4.産休・育休制度の取得実績

先ほども書いたように、少人数で運営しているクリニックでは、長期休暇が取りにくい傾向にあります。

産休・育休についても同様です。

なので、今後産休の可能性が考えられる方は、産休・育休の取得実績があるのかどうかを確認しておきましょう。

また、取得実績のあるママさん看護師が働いている職場なら、子育てしながらの勤務にも理解がある可能性が高いです。

5.ブランクがあっても勤務OKかどうか

クリニックは、ブランクがある看護師でも働きやすい環境ですが、すべてのクリニックがブランク看護師を受け入れてくれるかというと、そうではありません。

もしブランクがある場合は

・これまでの経験

・ブランクの期間

などもきちんと伝えて、そのうえで勤務OKかどうかを確認しておきましょう。

(4)クリニック見学で、働いているスタッフの人柄などをチェック!

働いているスタッフが少ないクリニックでは、人間関係の良さがかなり重要なポイント。

でも、求人情報だけでは、実際の雰囲気はわからないですよね。

だからこそ「見学」がおすすめです。

医師や看護師など、スタッフの人柄や、普段の仕事のようすなどを見ることができます。

自分に合っていそうかどうかを、肌で感じることができるので、見学はぜひやっておくべきだと言えます。

気になるクリニックがあれば、見学希望の旨を電話などで伝えてみましょう。

「自分ではちょっと頼みにくい…」という場合は、看護師向け転職サイトの活用がおすすめです。

転職サイトのエージェントなら、あなたに代わって見学のセッティングをしてくれます。

(5)看護師向け転職サイトを活用する

クリニックは、人気の求人です。

求人掲載後、すぐに締め切られてしまうことも少なくありません。

さらに、病院と比べ、求人数が少ないという悩みも…。

こんな状況で、自力で良い求人に巡り合うのは、至難の業です。

そこでおすすめなのが、看護師向け求人サイトを活用することです。

求人サイトに登録すれば、あなた専任のアドバイザーがついてくれます。

・希望条件にあった求人の紹介

・履歴書/面接対策

・見学や面接のセッティング代行

・自分では聞きにくい、条件交渉の代行

など、さまざまなサービスを行ってくれる、忙しいあなたの強い味方です。

無料でこうしたサポートを受けられるので、ぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

おすすめ人気記事

1

看護師の数が慢性的に不足している今日、数多くの医療機関が看護師を求めています。 医療機関の種類も実に多様化しているので、看護師の病院の選び方や選択肢も実に様々であり、 そんな看護師の転職・就職において ...

2

看護師の働き方の一つとして、短期や単発のアルバイトがあります。 アルバイトといっても、看護師向けの仕事は非常に高額な時給、日給となっています。 1日、1週間、1か月など働き方も様々。 結婚や出産を機に ...

3

転職を考える看護師のあいだで人気なのが、クリニックです。 でも ・病院とどう違うのか ・年収はどの程度か ・クリニックならではのメリット/デメリット ・転職する際に確認すべきポイント など、あまり詳し ...

4

一言に「看護師」と言っても、診療科目はさまざま。 どの科目で働くべきか、どの科目が自分に向いているのか、頭を悩ませている方も多いのでは? 今回は、さまざまな診療科目について、科目が持つ特徴で分けてご紹 ...

-看護師の転職
-

Copyright© 看護師大革命 , 2017 All Rights Reserved.