未分類

求人を探すときに注意したいポイント

投稿日:

■考えなしに会員登録を行うのは危険

看護師の求人情報は、新聞や雑誌にとどまらず誰でも簡単にインターネットで検索できる時代になりました。
コミュニティサイト(SNS)や看護師の人材紹介サイト、看護師の転職を専門に行っている運営団体も沢山あります。
多くのサービスは無料で気軽に登録できるのが利点ですが、会員登録をする行為は、個人情報を流失することにつながりますので、個人情報保護の観点から注意が必要なケースもあります。

多くの求人情報を集めたい一心で信頼性を確かめず、むやみやたらに会員登録を行うのは危険です。登録する前に、個人情報保護の観点から安心できるかどうかをよく考えて「このサイトは安心できる」と確認してから会員登録を行うようにしましょう。

■転職活動の主役はあなた自身です

看護師の転職サイトに登録すると、担当のキャリアコンサルタントが、求人情報の提供から履歴書の書き方、面接での対応など無料で親身になって対応してもらえますので、ついついキャリアコンサルタントに、任せておけば良い転職ができると思い込んでしまうことが多いかもしれません。

しかし、転職後に実際に働くのはあなた自身であり、採用を決定するのは病院やクリニックなどの雇用主です。
自分がどんな転職をしたいのかはっきり決まっている人は問題ないのですが、漠然と今の職場が嫌だから転職しようと安易に考え、キャリアコンサルタントに言われるがまま転職先を決めてしまうと、転職してから「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。
あくまでも転職をするのはあなた自身ですので、具体的な希望やプランをもって転職サイトなどをうまく活用し、後悔しない転職をしましょう。

■人材紹介会社に関する比較レビューやランキングは過信しすぎない

比較レビューやランキングサイトでの口コミは、過信しすぎると危険です。参考にするのは良いことですが、その情報の信憑性をしっかり確認する必要があります。
ランキングサイトでは、そのデータの信頼性と根拠を確認し、口コミなどを見て本当に看護師が記載しているかなどは、看護師経験がある人ならわかると思います。
良いところばかりに目が行ってしまいがちですが、厳しい目で確認し、個人情報保護の観点から危険にさらされないように気を付けましょう。

■「人間関係のトラブル」は「ゼロ」にするのは、難しい

株式会社QLifeとFHヘルスケアによるアンケート「看護師の就職活動に関する意識調査分析」によると、77%の看護師が「就職前と就職後の情報のギャップを感じている」とし、
最もギャップのある情報としては「職場の雰囲気・人間関係」という結果が出ています。

転職サイトのキャリアコンサルタントは、実際に病院を訪問していますので、紙面上だけの求人情報よりは信憑性のある情報をもっていますが、職場の雰囲気や人間関係をどう感じるのかはひとりひとり感じ方や考え方も違いますので、いくら情報収集を徹底しても完全に回避することは難しい状況です。
看護師の職場は女性が多い職場で、専門職であるためそれぞれ仕事に関するこだわりや価値観が違いますので多少の衝突は避けられないでしょう。

同僚と良い人間関係を築いていくためには苦手意識を持つのではなく、自分から歩み寄る気持ちも大切です。人の気持ちを変えるよりも、自分の気持ちを変えるほうが簡単ですし、相手の良いところも吸収できてスキルアップにもつながります。
仕事のことで意見交換ができるということは、働いている看護師たちが高いプロ意識をもって働いている証拠でもありますので、看護のレベルは高い傾向にあると思います。

メリット・デメリットを充分に把握して転職活動をすることは、看護師が活躍できる場を知ることができますし、視野も広がります。転職活動を機に、自分らしく働ける環境とであえるといいですね。

-未分類

Copyright© 看護師大革命 , 2017 AllRights Reserved.