看護師の主な職場

オペ看(手術室勤務)の適正と求人の探し方

更新日:

■手術室勤務の看護師は個性派揃い

手術室に勤務している看護師は、よく個性的で独特、人と変わったところがあるとの見方があります。

一見マイナスのイメージに捉えられてしまうかもしれませんが、あくまで言い意味での個性派ということになります。

一体どういうことかといいますと、手術室での勤務は非常に過酷な状況での勤務になるため、

ある種の独特の感覚が備わっていなければ耐えられない、ということです。

手術室には窓が一切無く、いわば周囲から隔絶されているような環境です。

そのような環境で一日中働くとなると、一般的な感覚からすると息苦しくて耐えられない状況ともいえます。

更にオペ室看護師の場合、病棟勤務の看護師と異なり患者とのコミュニケーションがほとんどありません。

基本的には手術前後に患者と体調確認の会話をする程度で、最低限のコミュニケーションしか要求されません。

看護師によっては、患者との不必要なコミュニケーションをとる必要が無いために手術室勤務を選ぶ看護師も居ますが、

病棟勤務ならではの患者とのコミュニケーションが、

仕事に対するやりがいや活力だと思える看護師にとっては、

患者とのコミュニケーションの機会が少ない手術室勤務は苦痛にも感じられるかもしれません。

以上のような理由から、独特な勤務環境である手術室で働く看護師はマニアックで個性派であるともいえるかもしれません。

■手術室勤務の適正は経験してから判断

手術室は数ある看護師の職場の中でも非常に特殊な職場環境であるため、

仕事への適正は実際に体験してみてからでないとわからないことが多いです。

というのも、使用する手術器具は膨大にあり、

それぞれの使用方法や名称など覚えなければならないことは非常にたくさんあるうえに、

術中の状況に合わせて臨機応変に器具を用意するなど、非常に高い専門性が要求される特殊な部署であるからです。

また患者とのコミュニケーション量も極端に少なく、限られた業務を精確にこなしていく強靭な精神力や体力が必要とされます。

手術時間は、通常でも2~3時間に及び、長い時は10時間にも及ぶ場合もあります。

同じ場所で、一人の患者に注視しながら何時間も治療に専念するのがオペ室勤務の業務です。

人によっては大変に思われるかもしれませんが、これこそが、まさに手術室勤務の醍醐味とやりがいなのです。

外来看護師や、病棟担当、手術室勤務には、それぞれ適正があり相性がわかれるところですが、

こればかりは実際に職場で働いて体験してみないとわからないところでもあります。

■手術室勤務からICU、緊急外来への転職

看護師の方の中には、看護学生時代にイメージしていた職場と、実際に経験した職場で大きなギャップを感じる方も多いです。

数ある職場の中でも、特に手術室は理想と現実とのギャップが大きい傾向にあるといえます。

一般的に手術室勤務が向いているとされているのは、脇目も振らずに目の前の一つのことに集中ができるタイプの看護師とされています。

このようなオペ室向きの看護師が転職を考える際にお勧めなのが、ICUや緊急外来への転職です。

ICUや緊急外来では、手術室勤務で必要とされてきた臨機応変な対応や、治療に関する経験が非常に役立ちます。

逆に難しいとされているのは、手術室の職場環境と大きく異なる病棟勤務です。

もし今の職場が向いていないと感じたら、適正があっていない可能性もあるので、

転職の可能性も考えてみると良いでしょう。

■手術室勤務の求人の探し方

手術室勤務への転職を考える場合、看護師求人の探し方は他の科で行う時と同様です。

経験がないのを心配される方もいるようですが、

手術室への転職の場合、特に何かの経験が役に立つというわけではないので、気にする必要はないでしょう。

病院によっては、一般病棟での病棟勤務をある程度経験した看護師しか採らないところもありますが、

新卒でいきなりオペ室に配属されることもよくあるので、実務経験はそこまで重視されないのが現状かもしれません。

実際のところ、経験よりも覚えがよく吸収が早い若手の看護師を採用する傾向があるのも事実です。

手術室勤務の求人は、他の科に比べると数が少ないのが現状です。

というのも、そもそも手術を行わないクリニックなどが全国的にも多いのが現状なので、その点は仕方がないといえるでしょう。

手術室勤務の求人が見つからない場合は、看護師向けの転職サイトを利用するのも良いでしょう。

登録をすることで、会員限定で公開している非公開求人を探すこともできますし、

会員のスキルに合わせて病院から直接スカウトを受ける可能性もあります。

また転職活動をサポートしてくれるその道のプロのコンサルタントの存在もあるため、

自分の適正に合った求人を探してくれて、効率的に転職活動を進めていくことができます。

看護師向けの転職サイトを利用せずとも求人を探すことは可能ですが、

より良い条件の職場を探すためには、幅広く求人を探すことも必要となってくるので、転職サイトの利用がお勧めです。

おすすめ人気記事

1

看護師の数が慢性的に不足している今日、数多くの医療機関が看護師を求めています。 医療機関の種類も実に多様化しているので、看護師の病院の選び方や選択肢も実に様々であり、 そんな看護師の転職・就職において ...

2

看護師の働き方の一つとして、短期や単発のアルバイトがあります。 アルバイトといっても、看護師向けの仕事は非常に高額な時給、日給となっています。 1日、1週間、1か月など働き方も様々。 結婚や出産を機に ...

3

転職を考える看護師のあいだで人気なのが、クリニックです。 でも ・病院とどう違うのか ・年収はどの程度か ・クリニックならではのメリット/デメリット ・転職する際に確認すべきポイント など、あまり詳し ...

4

一言に「看護師」と言っても、診療科目はさまざま。 どの科目で働くべきか、どの科目が自分に向いているのか、頭を悩ませている方も多いのでは? 今回は、さまざまな診療科目について、科目が持つ特徴で分けてご紹 ...

-看護師の主な職場
-

Copyright© 看護師大革命 , 2017 All Rights Reserved.